新型コロナウイルス関連の最新情報

2020/3/10
キプロス在留邦人及びキプロス来訪予定の皆様へ


当地の新型コロナウイルス感染に拘わる最新の状況は以下の通りです。
 
●9日,国内で2名(リマソール市で25歳男性,ニコシア市で64歳男性)の感染が確認・発表されました。今後,感染者発生の拡大に伴い地域によっては教育機関の閉鎖及び様々な行事の中止等が予想されますので報道や公的機関の発表にご注意ください。
●過去14日以内に日本から来訪する場合,自宅・ホテル乃至は保健省が指定する施設で14日間自主隔離し,医療当局から電話によるモニターを受け,外務との密接な接触,移動を避けることが求められます。
●万が一,医療機関等に隔離され,援護が必要となった場合は,当館までご連絡ください。
●キプロス外務省はキプロス市民に対し,日本を含む新型コロナウイルス感染国々への渡航は控えるよう勧告しています。

 1.最新の感染者の状況
●9日に発表された2名の新型コロナウイルス感染者の内,ニコシア出身の64歳の男性は,ニコシア総合病院の心臓外科医であった関係で,同病院への入院,外来,手術,および訪問は緊急の場合を除き48時間に亘って閉鎖・検疫されます。
(●又,10日「北キプロス・トルコ共和国」でドイツ人女性65歳の感染が確認されました。)
(●キプロス島内のキプロス共和国領域と占領地域とを結ぶチェックポイント4カ所(レドラ通り(Ledra Street)、アストロメリチス(Astromeritis)、レフカ(Lefka)及びデリニア(Dherynia))は,引き続き閉鎖されています。
 
2.海外からキプロスへ到着する際の空港対応について
10日にキプロス保健省は,当地訪問者が過去2週間以内に旅行した国・地域によって新たな措置を講じることを以下のとおり発表しました。
(1) 第1カテゴリー:中国湖北省,北イタリア,イラン,韓国を訪れた場合,自宅乃至は保健相が指定する施設に義務として隔離され,医療的な監視を受ける。
(2) 第2カテゴリー:日本,湖北省以外の中国,中央・南部イタリア,香港,ドイツ,フランス,スペイン,ギリシャ(アカイア,イリア,ザキントス地方)を旅行した場合,14日間,自宅・ホテル乃至は保健省が指定する施設で自主隔離し,電話によるモニターを受ける。外務との密接な接触,移動を避ける。症状が見られる場合にはホットライン1420へ報告する。基本的衛生ルールを守る。
(3) 第3カテゴリー:スイス,オランダ,スウェーデン,ベルギー,シンガポール,及び上記以外のギリシャ国内を旅行した場合,不要不急の外出は控え,特に規制はないが,自主的に経過観察を行い,症状が見られる場合には1420へ報告する。基本的衛生ルールを守る。 
 
3.参考情報
(1)新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首
相官邸)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

(2)新型コロナウイルス感染症に関する情報リンク(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
 
(3)キプロス政府ウェブサイト(ギリシャ語)
https://www.pio.gov.cy/coronavirus/
 
 
(当館連絡先)在キプロス日本国大使館 領事班 
    5 Esperidon ST., Strovolos 2001, Nicosia, Republic of Cyprus
 ホームページアドレス https://www.cy.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
 電  話:+357 22-394800  ★8:15-12:30,13:30-17:00★
 FAX:+357 22-319077  メール:cy-ryouji@cy.mofa.go.jp