関大使より着任のご挨拶

2020/7/21

在キプロス日本国大使館ホームページをご覧の皆様、

 

この度、駐キプロス大使として当地に着任しました関 泉(せき いずみ)と申します。

 

キプロスに日本大使館が実館として開館したのは2018年1月、東京にキプロス大使館が開設されたのが2019年9月というように、日本とキプロスの関係は、いよいよ本格的に強化を図っていく時期を迎えました。もちろん、それまでにも良好な二国間関係が築き上げられてきておりますが、その基礎の上に、あらゆる分野で二国間の交流が更に発展するよう、私も、2代目の駐キプロス日本大使として全力を尽くす決意です。

 

私は、外務省入省後、これまで、海外では、オーストラリア(キャンベラ)、米国(ワシントンD.C.(2回)、グアム)、リトアニアに勤務し、外務本省での勤務を含め、政務、経済、領事、広報・文化、儀典、経済協力など、様々な業務に携わって参りました。

 

キプロスは今回が初めてですが、1年365日の中、300日以上が晴れの日という、太陽が燦燦と輝く、自然豊かな美しい島で、かつ、長い歴史と豊かな文化を有する国で勤務できることを大変嬉しく、かつ光栄に思います。日本国大使として、これまでの経験を活かし、日本とキプロスの更なる交流の活発化、友好関係の深化、発展のために尽力して参ります。

 

本年は新型コロナウイルスの感染症の世界的な拡大のために、ここキプロスにおいても、特に、在留邦人の皆さまにおかれては心配の日々を送られてきたことと思います。キプロスは、政府と国民が一体となって感染拡大防止に向けた自粛措置、商用機の乗入れ停止等の措置を3月から強力に進めた結果、6月中旬から新規感染者ゼロもしくは一桁となり、空港も3か月ぶりに再開され、ようやく元の日常に戻りつつありますが、世界的な人の移動の再開が見込まれる中で、まだまだ油断はできません。

 

当地在留邦人の皆様や、旅行、ビジネスで短期滞在をされる日本人の皆様が安心してお過ごしいただけるよう、安全情報の発信をはじめ、各種行政サービスの提供、館員一同、可能な限りのサポートをさせていただく決意ですので、皆さまのお役に立てること、ご相談、ご意見などがありましたらば、是非とも、ご一報ください。

 

今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

2020年7月20日
駐キプロス特命全権大使
関 泉