【新着・重要】新型コロナウイルス関連の最新情報(キプロス入国における新たなカテゴリーの設定及び入国条件:3月1日以降)(3月5日)

2021/3/5
キプロス在留邦人及び滞在中・来訪予定の皆様へ
 
状況・注意事項を以下の通りご案内します。
 
キプロス政府は、3月1日以降、新たな国別のカテゴリー方法として実施する、欧州疾病予防管理センターの評価基準に準じた色分けシステム(各国をグリーン、オレンジ、レッド、グレーに分類し、現在日本はグレーに分類されています。)の詳細について、追加発表いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。
 
入国条件 グリーン オレンジ レッド グレー
出発の24時間前までにCyprus Flight Passに登録する Yes Yes Yes Yes
出発前の72時間以内にPCR検査を受検する(自己負担) No Yes Yes Yes
キプロス到着後にPCR検査を,受検(自己負担) No No Yes No
到着後の自主隔離が必須 No No No Yes
 
3月1日以降の措置
 
1.2021年3月1日から、スイスを含む欧州連合(EU)と欧州経済圏(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー)の国々ついては、欧州疾病予防管理センター(ECDC)が実施する国・地域別の感染状況に応じたグリーン、オレンジ、レッド、グレーのいずれからのカテゴリー分類に従ったカテゴリー別の措置を講じることとする。
 
ECDCが毎週発表する感染状況地図:
https://www.ecdc.europa.eu/en/covid-19/situation-updates/weekly-maps-coordinated-restriction-free-movement
 
2. キプロスに到着するすべての乗客は、該当するカテゴリーを問わずPCR検査を受けなければならない。但し、グリーン・カテゴリー国から入国する乗客は、PCR検査の陰性証明書を提出する必要はない。
 
3. オレンジ・カテゴリー国からの入国者は、出発前72時間以内にPCR検査の陰性結果をCyprus Flight Pass Platform上で提出する必要があるが、12歳未満の子供は、除外される(Cyprus Flight Passの登録自体は必要)。
 
4. レッド・カテゴリー国からの入国者は、出発前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書をCyprus Flight Pass Platform上で提出し、且つ到着時にも自費(ラルナカ国際空港では30ユーロ、パフォス国際空港では32ユーロ)でPCR検査を受検することが必要となる。結果は3時間以内に判明し、受検者にはSMSで報告される。同カテゴリーでは、自主隔離の必要はない。また、12歳未満の子供はPCR検査を受検する必要はない(Cyprus Flight Passの登録自体は必要)。なお、キプロス市民と合法的に居住する外国人は、キプロス到着時にのみ自己負担でPCR検査を受けることを選択することも可能である。その場合、3日間の自主隔離を実施し、4日目に自費でPCR検査を受検し、政府に提出する必要がある。(注:提出先アドレスは、こちらになります。)
 
5. 第三国について、保健省がイギリス、ロシア、ウクライナ、イスラエル、レバノン、アラブ首長国連邦、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、ベラルーシ及び欧州理事会リストの第三国に関して、グリーン、オレンジ、レッド、及びグレーに分類する。グレー・カテゴリー国から到着する乗客は、特別入国許可証が必要となり、さらに出発前72時間以内にPCR検査を行い、その陰性証明書をCyprus Flight Pass Platform上に提出する必要がある。更に、14日間の自主隔離乃至は自主隔離10日目にPCR検査を自費で受検し、陰性結果を政府に提出する必要がある(注:提出先アドレスはこちらになります)。12歳未満の子供は、上記検査から除外される。(注:日本はグレー・カテゴリーに含まれますが、日本人が日本から渡航する場合はキプロスに合法的に滞在資格のある場合に限られ、一般の観光目的では訪問できません。
 
6. 現在実施中のイギリスから到着する乗客を対象に政府が提供する場所で7日間の隔離を行う等の措置を2021年3月31日まで延長する。
 
 随時措置内容が変更になることも考えられますので、詳細をお知りになりたい場合など以下のキプロス政府の発表をご確認ください。(https://www.pio.gov.cy/coronavirus/eng
 
(当館連絡先)在キプロス日本国大使館 領事班 
5 Esperidon ST., Strovolos 2001, Nicosia, Republic of Cyprus
ホームページアドレス https://www.cy.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
電 話:+357 22-394800 ★8:15-12:30、13:30-17:00★
FAX:+357 22-319077 メール:cy-ryouji@cy.mofa.go.jp